中高一貫校でトロンボーンを担当しました

ピアノを幼少期から弾いていた為、音楽は大好きでした。

でも、学校にはピアノ部なんてものはないので、中高一貫校の中1で吹奏楽部に入りました。

でも私は男だったので、サックス等をやりたかったのですが、木管楽器は無条件で除外され、金管楽器となりました。

打楽器にも回されそうでしたが、「じゃあ辞めます」と言ったら金管止まりとなりました(笑)

残念ながら私は、ホルンやトランペットの小さいマウスピースでは音が出せなく、反対にチューバを担げるほどの体格や耐久力がなかったので、トロンボーンとなりました。

しかし、そこからまさか6年続けるとは思いませんでした。

ところでトロンボーンは主旋律があまりないのですが、意外と気に入りました。

またグリッサンドはトロンボーンの最大の強みです。

スライドさせて、前の人(うちの場合はサックス)をつついてしまうのは気の毒でしたが…(笑)

ちなみにパート練習以外では、チューバやユーフォニアムの人との練習が多く、重厚な低音やベースが楽しく感じられました。

木管楽器の練習風景を聞いていると、何の曲だかわからない時も多いのですが、ベースの多い楽器の方が意外と曲調がわかるので楽しかったです。

またチューバ・ユーフォパートの人達とが一番関係が良好でした。

主旋律をたまにはやりたいのにできない苦しみが双方よくわかるからです。

基本中高で扱う楽曲では、中々トロンボーンは目立ちません。

主旋律を担当する事も少なく、soli(ソリ)はいくつかあっても、solo(ソロ)には中々巡り会えません。

うちの部活は特に木管楽器の自己主張が強く、そちらに有利な楽曲が多かったのです。