中学いちばんの思い出、地道な練習の吹部

中学入学後、部活動を決めるときのこと。運動神経鈍いから運動部はダメ、文化部だったら楽器ができたらかっこいいから吹奏楽部かな?それくらいの気持ちで吹奏楽部に入部しました。正直甘くみてました。

入部してすぐ楽器を触らせてもらえるわけではなく、まずは体力作りからとランニングや筋トレから始まりました。運動部と一緒に走ったこともありますし、文化部で唯一朝練がありました。顧問の先生も大変厳しく、先輩も何度か泣かされているのを見ました。予想以上にハードな部活で、続けられるか不安でした。

そんな不安がなくなったのはやはり楽器を触らせてもらって吹けるようになった頃。私はホルン担当になりました。縁の下の力持ちという感じのこの楽器が合っていたのか、練習するたびうまくなっていくのがわかり、先生からも褒められて嬉しかったのを覚えています。

練習は基本的には一人やパートごとでの自主練が毎日です。地道な練習の積み重ねが大事だと思います。これが嫌いという人にはつまらないでしょうが、この地道な練習は私の性格に合っていたようです。集大成としての合奏練習でピタリとはまるときの嬉しさは特別ですね。

もうあれから十数年たちますが、今でも楽器の音を聴くとワクワクしますし、あの頃楽しかった気持ちを思い出します。

当時の楽器は引越しのためリサイクルショップに売却してしまいましたがいま思うと持っておいても良かったかなと思います。

楽器買取おすすめラボ
楽器店スタッフがお伝えする‥高価買取してもらう方法、綺麗に見せるお手入れ術、楽器を売る値段相場はどこで決まるか、など。また出張買取業者のおすすめリストも伝授。ギター、ベース、トランペット、サックス、フルート、クラリネット、ホルン、トロンボーン、ユーフォニアム、ドラム等知識あり。