ピッコロは難しい楽器だと思います

中学、高校時代に、吹奏楽部に所属していました。小学生の頃から、ピアノを習っていたので、音楽が好きでした。そして、運動は好きではありませんでした。そんな理由から、中学生になると、吹奏楽部に入部したのでした。

身体が小さいという理由から、先輩にピッコロを勧められました。今、振り返ってみると、フルートではなく、いきなりピッコロというのは、とても大胆な選択だったと思います。しかし、小さなピッコロを必死に練習したことを覚えています。

ただ、2年生になったら、フルートを吹かせてもらいました。正直言って、ほっとしたことを覚えています。しかし、それも束の間で、3年生になったら、また、ピッコロを吹くことになりました。

吹奏楽コンクールにも出場しましたが、課題曲は、思いっきりピッコロが目立つ曲でした。そして、音程が合わないと、大変なことになります。音程を合わすのに、けっこう体力が必要でした。今、振り返ってみると、身体が小さいからピッコロというのは、無謀だったとも思います。

その後、高校時代にも、1年生の後半で、ピッコロを担当しました。3年生のピッコロを吹いていた先輩が引退したためです。運動会のスーザのマーチで、久しぶりにピッコロを吹いたのですが、これもまた、思いっきり、ピッコロが目立つ曲でした。しかし、引退した先輩にもほめられ、ちょっぴりうれしかったことを覚えています。