音ゲー好きから始まった吹奏楽部

吹奏楽部に入ったのは小学生の時でした。もともと音ゲーが大好きだったのと、仲の良い友達が吹奏楽部に入ると言っていたので私も便乗して一緒に入りました。楽譜の読み方はほんの少しわかる程度で、ほとんど初心者の状態です。吹きたい楽器が何かあった訳でもありませんが、色んな楽器を試し吹きした結果、マウスピースの大きさがしっくりきたのでトロンボーンを担当することに決めました。

初めての楽器なので分からない事だらけです。持ち方から教わり、簡単なドレミファソラシドを吹けるようになる練習を最初はひたすらしていました。1オクターブ出るようになった所で、どんどん高音へチャレンジしていきました。小学生なので大きなコンクールに出るようなことはありませんが、度々学内や町のお祭りで演奏する機会があったので、基本的にはその発表に向けての練習が毎日続いていました。先生の指導の元みんなで練習を重ねて一つの曲を作り上げる一体感は吹奏楽部でしか味わえない楽しさです。演奏している間は音楽にのめり込める感覚もとても好きでした。小学校3年間のブカツで何か賞を取るとかそういったことはまったくありませんでしたが、夏休みも皆で集まって音楽を作り上げた思い出は今でも心に残っています。