中学から高校にかけて活動した吹奏楽部で得たもの

私が初めて吹奏楽部というものの存在を知ったのは、中学1年生のときでした。入学した中学校に吹奏楽部が新設されるということで、部員を募集していたんです。

幼いころからピアノを習っていて楽譜の読み方を知っていたこと、他の楽器にも挑戦してみたかったことから、小学校からの友だちを誘って一緒に入部することにしました。

私が選んだ楽器はクラリネット。友だちはそのかっこよさからサックスが良いと言っていましたが、ソロで演奏することも多いサックスは私には度胸が足りないと思ったんです。

新設の部なので、部員に3年生はいませんでした。先輩は1学年上の2年生だけということで、上下関係が厳しいことが多いと聞く吹奏楽部にしては、かなり楽をさせてもらったと感じています。ほとんどの部員が楽器初心者という中で、和気あいあいと部活を楽しむことができました。

ただ、そんな「楽しい部活」のイメージのままに高校でも吹奏楽部に入ったのは、はっきりいって失敗でした。全国大会への出場常連校だったので、練習の厳しさも先輩からの指導の厳しさも中学とは段違い。進学校だったので勉強にも手を抜けず、1年生の頃はひたすら疲れを感じていたような気がします。

ただ、その厳しさもあって部員の団結力には目を見張るものがありましたし、コンクールでは良い結果は残せませんでしたが、大人になった今でも忘れられない思い出を作ることができたのは、得難い経験だったと思っています。